売買上の聞き取り調査

売買に関する詳細とは

不動産売買の面接聞き取り調査

不動産売買では公簿や法令の調査、現地調査、市場調査などで得られる基本的な情報の他に表面的、画一的ではない個別の情報を収集する事は大切であり、業者が行う売主、買主各々との面接聞き取り調査は大変重要なものです。売却の場合には、不動産には隠れた瑕疵という欠点が存在することがあります。売主しか知らない内容や、住んでいても気にかけていない様な不具合などが、聞き取りの中で明らかになることがあります。購入の場合には、動機や希望する立地、規模などを明確に把握し、資金計画まで聞き取りする事でより良い提案を行う事が出来ます。

面接聞き取り調査の内容

売買で面接聞き取り調査を開始する話が進めば、内容の決定に着手するべきと一般的な依頼者は感じ事項を整えます。面接聞き取り調査で相手方から情報を得る場合、内容はすでに決まっているのでわざわざ売買する人が不動産の勉強をする労力はかからないです。質問事項は仲介者が作成しているために、依頼主には報告を待つ仕事が待ち受けます。静かに待機してさえいれば欲していた事実が脳内に入り込む瞬間がやってくるので、完了後の不動産の扱いを思案しなければなりません。登記情報も含まれるので、安定した取り引きの事前準備として使えます。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産業界の専門用語とは. All rights reserved.