住宅購入の法律とは

宅建情報から見る不動産

不動産売買の調査内容を知る

不動産売買の際、宅地建物取引士が契約成立までに行う宅地建物取引業法第35条に定められた重要事項説明のうち、売買物件に関する説明内容の1つに法令上の制限があります。法令とは主に都市計画法における用途地域や計画施設の有無など、また建築基準法にかかる建物の高さ制限や、建ぺい率や容積率などに適合しているかなどがあります。その他に宅地造成規制法や砂防法にかかる指定区域や文化財保護法にかかる埋蔵文化財包蔵地などに含まれているかなど、関連する法令は数多く、その不動産が各種の法律や規制、条例による制限を受ける場合は重要事項説明書にその調査の内容を記載します。

不動産売買の法令上の制限と調査

不動産の売買では法令上の制限と調査が欠かせません。土地や建物をどんな目的に使うかの内容によっては、その不動産が目的をはたさない可能性もあります。どんな建物が建つかや、改修により使用用途を変更できるかどうかは建築基準法の規定によります。土地はどんなところでも建物が建つわけではなく、建物が建つ土地でも、用途や規模が制限されています。建物の高さや斜線制限、日影規制がされている地域もあります。前面道路は特に大切で、建物の種類や規模によっては道路幅や敷地と道路の接する長さに制限が加えられている場合もあります。事前の調査によりそれらを知ることは、とても大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © 不動産業界の専門用語とは. All rights reserved.